貸し倒れとは

 

貸し倒れとは、貸付金や売掛金などが回収できなくなることです。

キャッシングの場合貸したお金が返ってこなくなるという事で金融会社の損ということになります。そのため、返済が遅れている消費者金融に対して金融会社が電話を掛けたり、人を送ったりして回収しようとしますが、回収の為には人件費も掛かるので回収の見込みがない場合や貸付金よりも人件費が掛かりそうな場合は長く取り立てをすることはせずに、早めに不良債権として処理してしまうのです。

実際、僕自身も学生の頃カードローンを使いすぎて返済ができなくなってこういったことに陥ってしまったことがあります。

ちなみにこういったところでローンを組んでいました。

カードローン学生

不良債権とは、金会社にとって回収が不可能となった債権のことを言います。

不良債権は貸倒金として償却することができます。 そうする事によってその金額分は税金がかからないので、人件費を掛けて回収するよりも特になる場合があるそうです。 なので、不良債権自体はそれ程敬遠されていないのが事実。何でも不良債権として処理をしようとすると金融庁や国税庁から不良債権として認められないと言われることがあるので督促状を送ったり、保証人に請求したり担保を競売に掛けるといった一連の回収行為は行うそうです。それでも回収できない場合に不良債権として処理をするそうです。

不良債権を処理するためには債権回収会社に債権譲渡することが一般的だそうです。 債権回収会社と聞くと一見ヤクザのようにも思いますが、サービサーという債権管理回収業に関する特別措置法に基づいて債権の買取や回収を行っている会社で、法務大臣に許可を受けている株式会社なのでヤクザとは関係ないです。

不良債権処理の9割以上はサービサーに不動債権を売却することで完了します。債権者のもとに「債権譲渡通知」というものが送られてきたら金融会社とは関係がなくなります。

今後の返済方法等はサービサーと話し合い決定していきます。

サービサーに移行したからと言って借金を返済しなくてもよいというわけではありませんよ。

サービサーはもとの債権を安く買取しているので、全額回収できなくても利益になるのです。なので、債権譲渡によって借金が減額になったり、返済期間をのばしてもらったりできる可能性もあるみたいですが、基本的には遅延損害金も含めて借金の一括返済を要求してきます。

 

母の為に白髪染めを買いました。

先日、ちょっと遅めの正月休みを取る事が出来ました。

この休みを利用して、久しぶりに実家に帰る事に。

仕事が忙しく、実家に帰るのは1年振りです。

久し振りに実家に帰ったんですが、何も変わってなく相変わらずでしたね。でもやっぱり実家はイイですよね。

凄く落ち着き、かなりのんびり過ごす事が出来ましたよ。

親にも実家久しぶりに会ったんですが、オカンがやたらと白髪が目立つ、と気にしていました。

「そりゃもう歳なんだから、白髪も生えるだろう。」と返事したんですが、嫌みたいで。

かなり気にしていたので、家に帰ってからネットで調べて、調子の良さそうな白髪染めを買って送ってあげました。

ルプルプといった商品なんですが、口コミ評価も高く良いみたいですよ。まぁ僕は使っていませんが。。。

母に聞いたら、かなり喜んでいたので、多分良かったんだと思います。

白髪に悩んでいる方は是非どうぞ。

ちなみ、これを送ったら、親父が「俺には何もないのか?」と子供みたいな駄々をこねてきました。

仕方ないので何か買って送ってやろうと思ってます。

 

看護学生の彼女

僕は実はいま彼女がいるんですが、その彼女というのは看護学生なのです。友人の紹介で知り合い、友人関係から始まったのですが、いつの間にか恋人同士の関係になっていました。

この彼女がも看護学生を卒業となり病院に就職するようになりました。新たな道の第一歩ですね。僕も彼女に負けないように頑張らないといけないなーなんて言うことを思いました。

彼女も多少は就職活動をしていたみたいですが、就職先はかなりすんなり決まったみたいですよ。求人もたくさんあったのでその中から選べばいいだけですからね。(看護学生求人

看護師っていつの時代も人手不足的な感じがしますよね。寿命も最近は伸びてきているみたいだし、その分病院に行くという人は増えてきているのかもしれませんよね。

でも、選べれるレベルっていうのがうらやましいです。僕なんて僕が入れるような就職先を見つけるために頑張らないといけない状態ですからね。看護師っていいなーって思います。

でも、彼女もこれからは人の命に係わる現場に直面するわけですから大変でしょうね。できる限り応援したいと思っています。

20年来の友人にお金を貸してと言われました。

この前の話なのですが、僕には20年来の友人がいます。その子は女性で今は結婚をしていて主婦をしています。友人が今の旦那様と付き合う時も結婚するときも相談や報告を受けていました。

旦那様の話を聞くたびに僕はちょっと信用というか友人がほんとうに幸せになれるのかどうかっていうことをいつも言っていた記憶があります。でもまぁ、結婚して生活をするのは当人なので僕にそこまで引き止める権利というのはなかったので最終的には祝福しました☆

なぜ幸せになれないかもって思ったかというと、その旦那様はお金遣いがあらくて、結婚をするっていうのに貯金もまともにせず、彼女の貯金や彼女の両親に助けてもらって結婚をするっていうことだったからです。お金はパチンコに使っていたそうです。止められない人みたいで毎月いくらか決めて行くように言っていたそうなんだけどそれも守っていないらしく。。。

結婚しても貯金ができないくらいな生活をしているのにも関わらず生活費までに手を出されることがあるそうです。こういう話を聞くたびにもっと結婚を止めておいたらよかったと思ってしまいますね。。。

その友人からどうしても今月生活費が足りないって相談を受け、5万円貸してほしいと言われました。貸してあげたかったけど僕もお金が無いので貸してあげることはできず、消費者金融のことを調べたこともあったので、主婦でも借入のできる消費者金融を紹介してあげました。人にバレたくないと言っていたのでスマホから簡単に申込み等ができるアコムを。

癖にならないようにいうことと、旦那様ともっと話し合いをしてどうしても変わってもらえないんであれば自分のために離婚を考えた方がいいんじゃないかといいました。友人には幸せになってほしいですからね・・・・

 

利用するならプロミス。

僕は現在平社員としてサラリーマンをしています。一人暮らしです。

サラリーマンってお給料少ないし、ボーナスだって僕の会社は景気が悪いので片手あるかないか。自分がどうしてもやりたかった仕事だったり、家族の為だったりっていうのでないと低賃金で頑張ろうっていう気になりませんよね。勝手に決めちゃったらいけないけど、僕はそう思っています。

一人暮らしをしているので、自炊をしないといけないのですが、結局はコンビニ弁当や同僚と食べに行ったりと自炊っていう自炊をしていません。なので生活もカツカツです。貯金なんてちぃっともできないですね。

一番僕の生活で痛いのが趣味のパチンコ。お給料日には必ず行きます。1か月3万円まで!!って自分の中で決めているのですが、たまにつぎ込み過ぎてしまうことも・・・その月は給料日から節約生活になってしまうわけで・・・自炊もしていないので結果消費者金融でお金を借りることもしばしばあります。

僕は30日無利息キャンペーンをしているプロミスカードを利用しています。次の給料で全額返してしまえば利息分を返済しなくていいので。貯金を崩してそのまま貯金に戻しているのと同じ感覚ですね。

このままでは、これからの結婚に嫌気を刺されてしまいそうなので負のループから抜け出さないといけないですね・・・

来年結婚

33歳男性のマリオって言います。マリオっていう本名ではなく、見た目がマリオっぽいのであだ名がマリオなのです。

来年は遂に結婚することに決まったのでちょっと浮かれている状態です。まあ、実はバツイチなんですけどね。

今度の結婚は頑張って続けるぞ!!続けるっておかしいかな??